グリーン市民ネットワーク高知

HOME | グリーン市民ネットワークとは?(設立趣意書・規約) | 入会申込みフォーム | お問い合わせ | English
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大飯3・4号機再稼働をめぐる政府交渉 確認点(速報) | main | 6/10松山アクション & 6/11伊方原発抗議バスツアー >>

伊方原発稼働阻止!6/10,11松山アクション

 伊方原発の再稼働を阻止する松山でのアクションは6月10、11日に行われました。
以下、東京から参加されたたんぽぽ舎からのレポートを転載します。
 また、たくさんの写真が、こちらに。

伊方原発稼働阻止!愛媛県庁包囲行動と街頭デモに1300人
 |  たんぽぽ舎も16人で参加
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、反原発自治体議員・市民連盟)

 6月10日(日)〜11日(月)伊方原発稼働阻止!愛媛県庁包囲行動と街頭デモ、翌日には県庁申し入れ行動と四国電力伊方原発申し入れ行動がおこなわれました。
 集会とデモには1300人が参加、たんぽぽ舎も16人(福島県からの木田節子さんも参加)で参加、マイクで「伊方再稼働阻止、大飯再稼働阻止、子どもを守ろう」の元気なシュプレヒコールで県庁前と銀天街を行進しました。
 そのあと広瀬隆さんの講演会=「違法建築の伊方閉鎖を」に参加(160人)。終了後は夕食を兼ねて楽しく懇親交流会(東京16人の外に地元松山の皆さんと広島の皆さん)を開きました。
 翌11日(月)は、県庁申し入れ行動と、四国電力伊方原発・伊方町長への申し入れ行動の2つにわかれ、元気に2日間をおえました。「参加して良かった」がみんなの感想。伊方と大飯を結びつけて闘おう!

────────────────────────────

伊方原発の再稼働反対
市民団体 決議採択 1300人デモ

 市民団体「伊方原発をとめる会」(松山市)は10日、松山市堀之内の城山公園で集会を開き、伊方原発の再稼働に反対する決議を採択した。参加者は集会の後、県庁前や市中心部の商店街をデモ行進し、買い物客らに脱原発を訴えた。
 とめる会によると、四国を中心に中国、九州や関東から計約1300人が参加。東京電力福島第一原発事故以降、伊方原発をめぐる集会では最大規模としている。
 決議は中村時広知事、山下和彦伊方町長に対し、再稼働に同意しないよう要望。
集会では、福島県から水戸市に避難している木田節子さんが、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を「再稼働すべきだ」と表明した野田佳彦首相を「国民を守らず、電力会社を守り、恥ずかしくないのか」と批判した。
 集会後は、県庁前に参加者が陣取り「伊方原発はいらないぞ。廃炉にしよう」とシュプレヒコール。商店街では通行人に再稼働阻止を訴えた。(6/11愛媛新聞より抜粋)
再稼働をめぐる動き | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.green-citizens.net/trackback/99
この記事に対するトラックバック