グリーン市民ネットワーク高知

HOME | グリーン市民ネットワークとは?(設立趣意書・規約) | 入会申込みフォーム | お問い合わせ | English
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 広瀬隆さん講演会 in高知 | main | 「伊方原発の再稼働を許さない市民ネットワーク」結成 >>

伊方原発3号機の再稼働を止めよう!

 再稼働の本命は大飯原発ではなく、じつは伊方原発だと思います。

先日の広瀬隆さん高知講演会のさい、広瀬さんからうかがったのですが、西川福井県知事には優秀なブレーンがついているので、きちっとした発言をしているが、愛媛県知事にはそれがない、と。しかも、再稼働の判断のために近く伊方原発を視察するそうです。
至急、愛媛県知事への提言をお送りいただけないでしょうか!?
私は以下の提言を送りました。

 中村愛媛県知事には、再稼働の判断のために近く伊方原発を視察するとのニュースが、けさ7時前NHKラジオで流れました。私は、伊方原発のある四国に住むものとして、再稼働には絶対反対です! 
 伊方原発3号機はプルサーマル発電を1年間してきましたね。これは、事故を起こし大きく爆発した福島第一原発3号機と同じ運命を辿る危険性があります。伊方原発は、地上から視察なさっても、その危険性は察知できません。直下に横たわる日本最大の活断層/中央構造線がひとたび動けば、直上の建造物は重力に抗して跳ね上がります。
 まして、伊方原発は、耐震基準のない時代に建設され、耐震性は200ガルです。机上で計算したストレステストは何の役にも立ちません。一般家屋ですら巨大地震にそなえ耐震補強工事をしているのに、伊方原発がそのような工事をしたとは聞いたことがありません。
 県民、四国の住民、中国の住民、九州の住民、関西圏の住民を護れるかどうか、福島県民、東北南部の住民、関東住民が今、体験している地獄を繰り返さないかどうかは、貴方のご判断に委ねられていることを、どうか忘れないでください。



4月15日(日)13時半〜松山での緊急集会@県美術館講堂(089-932-0010) に、ぜひ、みなさんご参加ください!

宿泊できるかたは、翌16日(月)の愛媛県庁申し入れにもご参加願います!

問合せなど:原発さよなら四国ネットワーク/大野恭子さん(080-5662-6207) 

                         〈文責:外京〉


再稼働をめぐる動き | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.green-citizens.net/trackback/92
この記事に対するトラックバック