グリーン市民ネットワーク高知

HOME | グリーン市民ネットワークとは?(設立趣意書・規約) | 入会申込みフォーム | お問い合わせ | English
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< がれき受け入れについて(南国市) | main | がれきを受け入れないで!! >>

伊方集会交流会

 毎年10月第4日曜日に開催される伊方集会。今年は前日10月22日(土)、交流集会@八幡浜市松蔭公民館があり、参加してきました。

 3.11を経験して、反原発運動から遠ざかっていた人々が同窓会に帰って来たかのようになつかしそうに挨拶を交わしたり、新人の若いママさんが先輩活動家に四国一斉12.11行動を提案したり、にぎやか和やかな会場でした。


 今年は四国四県と岡山県•広島県•大分県からの活動報告がありました。


 地元愛媛県からは近藤誠さんが「何とかせにゃ!」「もう、あかん!」の両極に気持ちが揺れながらも「未来に向けてできることを!」と、①四電プル討論会のやらせ発覚四国は41%原発依存と言いつつ停電になっていない伊方は周期1秒の脆弱地盤で巨大地震に連動する④御用学者•司法の天下り発などの問題提起を、斎間淳子さんが何をしても手につかない「3.11病」にかかり毎月11日に伊方原発ゲート前で座り込みをしていること、香川県からは四電株主として「本陣に乗り込み意見表明する」活動福島の子どもたち32人を寄付金230万円集め夏休みに11泊12日間 香川に招いた活動、帰るとき子どもたちが「空気を吸うのがこわい」「3.11の前にもどりたい」と言ったこと、徳島県からは「微力だが無力ではない」と『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会チケットを1000枚販売したことなどの報告がありました。


 岡山県からは10月17,18日がれき処理一斉行動を行い全市町村が受け入れ拒否したこと、脱原発自治体議員&市民連盟で福島情報センターを設立すること、広島県からは「ピースリンク」が伊方まで幟を立てた自転車でデモ走行して来たこと、23日には6隻のゴムボートで海から抗議行動をすること、1000万人署名を全市町村で展開すること、大分県からは九州電力本社前座り込み活動が若者をまきこんで今も続いていること、玄海原発地元の佐賀県知事室前へ250人で抗議行動などが報告されました。


 じつに、さまざまな形で活動が広がっていたのです。嬉しいことです。


 高知からは「原発さよならネットワーク高知」から「グリーン市民ネットワーク高知」に移行した経緯や、署名運動•パレード•情報共有のグリーンカフェ•疎開ママさん交流支援の活動など報告しました。11月のグリーンカフェ『何としても止めたい伊方原発』に薦田弁護士を招くことも紹介しました。

 県外のみなさんは「高知県は知事が率先して、自然エネルギーにシフトしている進んでいる県」と見てくださっているようですよ。


 伊方原発を一刻も早く廃炉にするために、伊方周辺各県民が熱く連帯していけますようにー

                            (文責:外京)

レポート | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.green-citizens.net/trackback/67
この記事に対するトラックバック