グリーン市民ネットワーク高知

HOME | グリーン市民ネットワークとは?(設立趣意書・規約) | 入会申込みフォーム | お問い合わせ | English
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 県下6割超自治体議会で原発政策見直しを求める意見書採択 | main | 「祝の島」(夏の)こたつでだんらんツア− in 高知 in 梼原 >>

ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマへの道

 高知県母親大会は7月3日(日)、高知大学朝倉キャンパスで開催されました。
その全体会で、絵本作家で詩人のアーサー•ビナードさんが、表記の講演をされました。
とてもきびしい内容をユーモアたっぷりに的確な言葉で話されたので、補助椅子の出る満員の会場のみなさんは笑ったり、拍手したり、考え込んだりでした。
 以下、アウトラインです。[文責:外京]


アーサービナード『ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマへの道』     2011.7.3


 真実を表すのに、どの言葉を使えばいいか考える。

 そのためには、自らのウソを見破っていかなければならない。


 岡山から南風に乗って高知に来た。発車するたびにアンパンマンの歌がかかって、7月中、耳にこびりつくことになりそう。(笑)

困った人に顔をちぎってあげるアンパンマン。今、子どもたちは放射能汚染でとても厳しい状態。僕を含めて、原発を許してきたおとなたちは責任をとらなくてはいけない。


 日本に米国から来て21年目。昨日誕生日で44歳になった。

 ふしぎな日米二国間のつながり。辺野古でいい?「辺野古でいい」規制緩和する?「規制緩和する」TPP入る?「TPP入る」‥こだまでしょうか?(笑)

夫唱婦随ぶり、カン政権になってますます。


 メルトダウンひたかくし、永田町ーワシントンに大きな溝が生じた。

 日本政府は原発から20km避難、30km屋内退避。「出て行くなら行ってもいいけど‥金は出しませんよ!」ってことでしょ(笑)

 オバマは在日米人に50マイルの外へ避難と言った。80kmと言わず50マイルと、ごまかしのワンクッション。

 南相馬市、農家七代目と、詩人の友人に会いにいこうと、米大使館に行くと、

「と•んでもありません!」「非常〜に危険!」(笑)


 この違いは何か?

チェルノブイリを超える放射能汚染の深刻さを考えると、100kmくらいが妥当。ぼんやりしている日本人も「100kmかよ!」となる。

 なぜ日本政府が20km、30kmにこだわるかというと、経済的にムリだから。

東北自動車道、新幹線まで含まれる‥経団連のはげちゃびんたちの利権構造守るために、ごまかしながら拡げていくか〜となったわけ。

子どもたちの健康など考慮に入れてないことを、この違いが焙りだしている。


 権力者は、利権を何よりも重要視する。

 歴史は、そういう権力者が利権を守ってきたことの山。


 権力者は相手を間違っている。放射性物質を相手にしてはならない。

セシウムは、東電が破綻しようと、東日本が崩壊しようと、

ストロンチウムは、医療制度が崩壊しようと、

プルトニウムは、この列島がどうなろうと気にしない。

アトリシウムは‥みんな24時間フル稼働で放射線をだす。

日本人はテレビつけてポカ〜ンと。放射線にそんなゆるみはない。

 敵は、放射能汚染をふやして電気をつくろうとしている人たち

長いスパンではたらくやつなので、半分になるのにセシウム30年、プルトニウム2万4千年。泡沫的サイクルの中で放射線をとらえてはいけない。



 3月11日、僕は確定申告の書類そろえて、冷や奴食べてた。

マンション11階、倒れないものはなかった。いまも瓦礫の山。このまま引っ越そうか。

 3月15日、板橋区役所は長蛇の列。確定被曝しちゃった。(笑)


 これまで僕は、放射線事故にすれちがって生き延びてきた。

デトロイトで妊娠中だった母、近くにフェルミ fermi 原発。1966年、メルトダウン寸前、ぎりぎりセーフ。放射線は出たが、住めなくはならなかった。

 2002年、母のいるオハイオ州。

デービスベッセ(Davis Besse)原発。最悪メルトダウン寸前。 圧力容器うすくなって、

ポカンポカン言ってたらしい。「あっりゃー!やばい!」

エリー湖の水使ってた。五大湖は淡水の20%。汚染寸前。でも、2004年再稼働。


 母、日本で大きな地震あるとすぐ電話してくる。大丈夫か?大丈夫ってことないよね。

子どもたちを連れて帰ってこい!と3ヶ月間ずっと。

 発つ鳥あとを濁さずだから、柏崎刈羽、美浜、島根、玄海、伊方‥全部止めてから。(拍手)

そっちの原発止めておいてくれよ!飛んで火にいる夏の虫になるから。(笑)



 どうして、こんなエネルギー政策になるんだろ?

古典落語「とうなす」に、放蕩尽くした若旦那が「お天道様と米の飯はついてまわる」ととうなすを売り歩くことになる。鈴本演芸場で、国語辞典片手に聴いてた。

 そこで、はたと気づいた。


 おてんとさまは、みんなにエネルギーふりまいてくれる。太陽がなければ生き物は生きていけない。おてんとさまは、人間の力でおさえこめない。ひとりじめできない。

 企業、権力は、ひとりじめできないものは嫌い!元締めになれない!

占有できるエネルギー源だけ開発してきた。


 原子力ーひとりじめできるエネとして最たるもの。

あまりにも危険だから、市民がかかわることはできない。

一部の人が支配して富を得る。


 原子力のカラクリが、「おてんとさまと‥」若旦那のことばでわかった!気がした。

 ホントの原子力のカラクリは‥第五福竜丸の話を書くことになって、もっと奥にあるカラクリが見えてきた。1954-3-1ビキニ水爆実験ブラボー(bravo)は、ヒロシマ型の1000倍。ビキニ環礁近くで、たくさんのマグロ漁船が被曝した。


 日本の原子力政策は、その前からやってきた米国の核政策、1945年8月6日、8月9日まで遡って見ていかなくてはならない


 8月6日ヒロシマで炸裂したのは、リトルボーイ(little boy)

核分裂物質 ウラン(uranium)50kgのうち

800gのウラン235が核分裂した爆弾。

ドームの上空で遠隔操作で火薬を爆発させ、

上下のウラン25kgが合体して核分裂。


 8月9日ナガサキで炸裂したのは、ファットマン(fat man).

ウラン(uranium)235+重水素をぶつけて生まれた

プルトニウム(pultonium) 239が核分裂した爆弾。

プルトニウムは、1gで50万人殺せる。

火薬が爆発するとプルトニウムが真ん中に集まって核分裂。


「核燃料」と呼んだ時点で、議論が始まらなくなる。燃料(fuel)ではなく核分裂。

 原子炉は、核兵器をつくるための圧力釜。核分裂させたらウランは1億倍に増える。


 核開発大計画マンハッタン計画はひそかに進められた。世界支配のために危険を冒す。

それまで、原子炉をつくってお湯を沸かしましょうと考えたバカはいなかった。

 ヒロシマのあと、返事も待たずに違うバクダンを落とした。

原爆のおかげで戦争が終わった!というキャンペーン。多額の税金を吸いとって秘密に邁進した。どっちみち終わる戦争だったけど、原爆(Atom Bomb)は正しかった!100万人の米人が助かった!と宣伝した。【世紀の4大詐欺No.1】


 1947年、戦争省を国防省と改めた(WAR→DIFFENCE)

核兵器の予算、がっぽがっぽとる。1952年頃、水爆実験を始めた。

冷戦構造の中で、すさまじい兵器をつくり、競った。【世紀の4大詐欺No.2】


 核兵器は悪魔の兵器だと人々が気づいた。

 一方、夢の飛び道具を手に入れた政府は危機感。みんなから取り上げられるかも。核廃絶の本格化の動きをくいとめたい。ホワイトハウスで作戦会議。原子力発電所、こんな便利なものはない。支配の道具。キャンペーンとしては難しい。華々しく夢の話でかくす!


 1953年12月8日、アイゼンハワー「原子力の平和利用(Atom for Peace)」国連演説。切手を発売、ディズニーはAtom君をつくりキャンペーン。【世紀の4大詐欺No.3】


 国連演説から3ヶ月もしない1954年3月1日、ヒロシマの1000倍の水爆5発、ビキニで炸裂。マグロ漁船•第五福竜丸の被曝をうけ、東京杉並区の主婦たちが署名運動を始め、日本母親大会の誕生1955年6月、 第1回原水爆禁止世界大会開催同年8月6日につながった。


 パッケージを替えて騙した。原発(NPP)から出てくるのも「死の灰」なのに。

ウラン濃縮ごみは劣化ウラン弾となり、戦争、もうけ、ごみ処理、一石三鳥。

米政府の全ての力を使って、下請け永田町にも「原子力平和利用」が。かくして、

世界中に核持ちクラブが広がる。


 1954年3月3日、中曽根康弘らによる原子力初予算2億3500万円!

核持ちクラブの余裕、しゃれ。「事前にわかると無知の妨害が起こるから」と秘密裏に予算修正案として、審議なし成立。狙いは核兵器。1969年9月22日、外交政策大綱「製作ポテンシャルを維持」持たないけど持ってるけど、文句ある? 1994年にバレる。



 原発は発電時にCO2を出さない、地球温暖化に貢献。【世紀の4大詐欺No.4】

青森県六ヶ所村の再処理工場に3000トンの死の灰、原発1基から1トン中の死の灰に250kgのプルトニウムが含まれるのに。


 これを許してきたのは、僕らの罪です

講演会レポート | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.green-citizens.net/trackback/47
この記事に対するトラックバック